HOME >8時間ダイエットでスリムとヘルシー

8時間ダイエットでスリムとヘルシーを手にいれる!

「8時間ダイエット」というダイエット法をご存知ですか?アメリカの書籍『The 8Hour Diet』で人気となったダイエット法です。やり方は簡単。1日24時間のうち、食事を8時間以内にまとめ、残りの16時間は断食の時間として確保するという方法です。

体内時計に働きかける新ダイエット

16時間を断食といっても、その間仕事をしたり睡眠を取るなど、普通の生活をします。このダイエット法の基本は1日3食を8時間以内に食べればOK、さらに「毎日食べる時間を同じに」「摂取カロリーを極端に増やさない」ということを守るとより効果的です。

食事や食材を制限するわけではないので、1ヶ月で無理なく数kg落ちた、理想の体型になれたという声も少なくないようです。ただ、このダイエット法を行う上で「毎日食べる時間を同じに」という点が意外と盲点となっています。

実際、これを守らない人は成功率が下がるといわれています。というのもこの8時間ダイエットは「体内時計」に働きかけるダイエットでもあり、同じ時間に食べることで体内リズムが整い、代謝がアップするというところに秘訣があるからです。

また、8時間内ならいいと、食べ放題、飲み放題、極端に高カロリーなものを摂取するというのではまったく意味がありませんから注意が必要です。

つまりこのダイエット法は一見簡単そうですが、これまで好きな時間に好きな量を食べていた人にとっては、食事法の矯正になるため、案外難しいダイエット法ともいえそうです。

しかしこれがもし実践できれば非常に健康的なライフスタイルになり、スリムな体だけでなく健康的な習慣も手に入れられることは間違いありません。

8時間ダイエットの具体的なやり方

では、具体的に8時間ダイエットはどのように行うのでしょうか。
例えば、1日3食のリズムの方が8時間ダイエットを行うとして「朝食8時/昼食12時/夕食16時」を毎日の食事時間とした場合は、夜の時間に食べる量を極端に減らすことができるので睡眠の質を高めたり、夜食の習慣をなくすことができるといったメリットがあります。

また8時間ダイエットを実際してみると、4時間ごとくらいに食事を摂ることができるので、きちんとしたものを食べれば意外にお腹が空かず、間食の習慣も減らすことができます。

8時間ダイエットに限らず、減量のコツに「お腹が空いてから食べる」がありますが、まさに1回1回の食事をちょうどいい空腹のタイミングで摂ることができるのがこのダイエット法のメリットといえるでしょう。

ただ、夕食が16時というのはさすがに現実的ではないかもしれません。その場合は「12時/16時/20時」という食事スケジュールにして、午前中を食べない、というのも有効です。

アーユルヴェーダやナチュラルハイジーンといった考え方では「午前中は排泄の時間」と考え、食事を摂らないことを推奨していますから、このタイムスケジュールであれば「排泄=デトックス」の恩恵も受けられます。また最後の食事を20時にするだけでも、就寝迄に十分な消化時間を確保できるので睡眠の質が高まり健康的です。

現代人がかかるさまざまな病気の原因はウイルスなどの感染症などではなく、実はそのほとんどが「食事」に由来しています。食事の質にももちろん見直すべき点が多々ありますが、「食事の仕方」こそ、見直すべき点が多くあるのです。

特に「常に食べ過ぎている」「いつでも食べられる」「食べることに使うエネルギーが多すぎる」ということはできるだけ改善すべきです。

無意識のうちに私たちは好きな時に好きなだけ食べている

例えばある30代の女性に、一日の食事とその内容について聞いてみたところ、次のような返答がありました。

□ 7時朝食:ヨーグルトと菓子パン2個とコーヒー(約650kcal)
□ 10時半間食:始業後少しして小腹が減ったので、お菓子をつまみながら作業(約300Kcal)
□ 12時昼食:オフィスの近くでパスタランチ、小さいサラダも残さず食べる(約800kcal)
□ 15時間食:お散歩を兼ねてスターバックスのフラペチーノとドーナッツをテイクアウト(約600Kcal)
□ 18時間食:残業が決定しコンビニでおにぎりとチョコレートを調達(約500kcal)
□ 21時帰宅し夕食:遅い時間なのでコンビニで購入したサラダパスタとスープ(約400Kcal)

これはごく一般的なタイムスケジュールであり、食事内容であると思います。彼女だけが特別ということではありません。しかも彼女の場合、健康に気を使っているのか、サラダを摂取したり、夜食を軽めにしたり随所に工夫も見られます。

しかしこれでは一日中胃や腸は動きっぱなし。約14時間、つまり1日の半分以上も食べたり消化に使う時間をとられていて、これでは胃腸は休む時間もありません。また意外に気になるのが摂取カロリーです。

彼女はこの日一日になんと3250kcalも摂取しているのです。これでは1年に2~3kg太って当然です。3回の間食を減らせば1850kcalとなり成人女性の摂取カロリー目安である1800~2000kcalに近づきます。

つまり、食事はダラダラ摂るよりも一度に600kcal前後をしっかり3回にわけて摂取したほうがやはり太りにくいといえます。

10時間、12時間ダイエットからはじめるのもオススメ

8時間ダイエットがどうしても厳しいと感じる人に朗報です。実はマウス実験で12時間でも同様の効果があったことが報告されています。いきなり8時間ダイエットは難しいという方は、まず12時間ダイエット、次に10時間ダイエット、そして8時間ダイエットと徐々にレベルを上げていくのがお薦めです。

実際に12時間以内に全ての食事を終わらせるというのも、先の女性の例からすると簡単ではありません。12時間ダイエットであれば「7時/13時/18時」、10時間ダイエットであれば「7時/13時/18時」といった組み合わせが良いかもしれません。

もちろん仕事の後に食事をしたいという方であれば「10時/14時/20時」といった組み合わせで、調整されるとよいでしょう。あるいは食事の時間を固定できるのであれば、量とカロリーのみ維持して一日4食にしてもOKです。

いずれにせよ、一度自分の食事のスケジュールと内容を書き出してみると、自分がどれだけ食べる時間に費やしているかに気づくはずです。8時間ダイエットの成功の秘訣は、10時間でも12時間でもいいので、食べる時間を規則正しくする、余計な間食を防ぎ摂取カロリーを減らす、寝る直前の食事を控える、断食の時間を確保する、というところにあります。

このダイエット法は、体内時計からみても非常に効果的といえますので、一度試してみてはいかがでしょうか。


時間美容学

UP